スポンサーリンク

人気記事

がん細胞を溶かして破壊 ヘルペスウイルスの研究開発進む

医療ニュース, 悪性新生物



1 ■忍法帖【Lv=15,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :2018/01/05(金)15:21:03 ID:???


 様々な感染症などを引き起こすことから、人体への悪影響ばかり懸念されるウイルス。しかしこの“悪者”の
攻撃性を使ってがんを撃退するという、コロンブスの卵的な発想から生まれたのが「腫瘍溶解性ウイルス療法」である。

 臨床研究に携わってきた名古屋大学大学院医学系研究科の粕谷英樹教授が解説する。

「1990年代半ばから、米国で『ウイルスに感染した小児がん患者の腫瘍が小さくなる』という事例が見られ、
ウイルスに抗がん作用があるのではと考えられてきました。実際にここ数年で飛躍的にがんの治療法としての研究開発が進んでいます」

 この薬剤の研究開発を進めるタカラバイオ広報担当者が指摘する。

「臨床開発で用いるのは、人間の口周辺にできるヘルペスのウイルスの仲間です。このウイルスはがん細胞に入り込むと、
がん細胞を溶かして破壊します。さらにウイルスは増殖して隣のがん細胞を溶かします。

 正常な細胞には作用せず、がん細胞だけを溶かすので、副作用を抑えたがん破壊効果も大いに期待できる抗がん剤です」

 すでに皮膚がんの一種である「メラノーマ」の企業治験(治験の最終段階)がほぼ終了し、
今年中の実用化を目指している。5年生存率が5%以下という「難治性すい臓がん」でも昨年から企業治験が始まっている。

「人類の敵」と疎まれたウイルスが、がん撲滅の救世主となる日はそう遠くないかもしれない。(以下略)

@niftyニュース/NEWSポストセブン 1月5日
https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-641000/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 79◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514007548/





2 名無しさん@おーぷん :2018/01/05(金)15:25:12 ID:c6z

人類は癌を克服できるんだろうか
いろんな技術ができたり試験されたりしてるけどあまり実用化されてない気がする


4 名無しさん@おーぷん :2018/01/05(金)15:30:28 ID:6CT

>>2
出来る可能性はあるが他の問題が出てくるさあね
ほんの70年位前までは死因は感染症が圧倒的に多かった訳だし


9 名無しさん@おーぷん :2018/01/05(金)17:15:48 ID:6IR

>>2
老化が克服できない限り何かの病気で死ぬな


3 名無しさん@おーぷん :2018/01/05(金)15:27:45 ID:UtL

癌が治療できるようになるとますます高齢化社会に邁進するな
治療を受けられる年齢を60歳以下等に制限しないと各方面が負担に耐えられなくなる


8 名無しさん@おーぷん :2018/01/05(金)16:41:51 ID:WwQ

そもそもウィルスが寄生する極小生物なのか、ただくっついて
DNA配列を乱す毒素なのか判明したのかな




スポンサーリンク

Posted by 鈴音