スポンサーリンク

人気記事

岡山大病院が国内初の肺移植成功!体格差のある脳死肺移植

医療ニュース肺移植, 膠原病

岡山大病院(岡山市北区鹿田町)で27日、重い肺の病気を患う50代女性への脳死肺移植が行われ、無事終了しました。
同病院は28日、2014年3月に国が脳死移植患者の選択基準を緩和し、ドナー(臓器提供者)と体格が一致しなくても移植できるようになったことで実現した初のケースであることを明らかにしました。

移植患者を選ぶ基準の見直しは体格の小さな子どもや女性への移植機会を増やす狙いで、同病院ではこれまでに、生体肺移植では体格差がある人の間での手術を手掛けています。

今回の手術は、小柄な女性患者の左に男性ドナーの肺上部の「上葉」を、右に下部の「下葉」を移植しました。
執刀した臓器移植医療センターの大藤剛宏教授は「下葉の状態はやや悪かったが、術後の治療で改善すると判断した」と説明しています。患者の容体は安定しており、約3カ月で退院できる見込みです。

手術は27日午前11時すぎに始まり、約7時間半で終わりました。
女性は手術前、「私にとっては提供いただいた大切な肺。早く元気になって旅行に行きたい。2人分の人生を歩んでいく」とコメントを寄せています。

女性は膠原病(こうげんびょう)の合併症で肺胞壁に炎症を起こし、ガス交換ができにくくなる間質性肺炎と診断され、3月5日に日本臓器移植ネットワークに登録していました。

移植ネットによると、ドナーは30代で、九州地方の病院で法的脳死と判定されました。

岡山大病院での脳死肺移植は92例目で、生体と合わせて179例目です。

肺移植とは

1.現在の医療において、肺移植の他に有効な治療法がない
2.生命の危険が迫っている(2年生存率が50%以下)
3.肺移植によって元気になることが予想される

肺移植とは、上記3つの条件を満たす重い肺の病気を持つ患者さんに行われる治療法で、自分の病気の肺を取り出し(片肺or左右両方の肺)、提供者(ドナー)の方から提供された新しい肺(片肺or両肺)を移植します。

肺移植の種類には、脳死肺移植と生体肺移植があります。今回は脳死肺移植です。

肺移植が必要となる病気

特発性肺動脈性肺高血圧症:肺の血圧が高くなり、肺に血液が流れにくくなる病気
特発性肺線維症:肺が硬くなり縮んでしまう病気
肺気腫:空気の袋である肺内の壁が壊れて空気を吐き出せなくなる病気
気管支拡張症:気管支が拡張して慢性に濃痰がたまる病気
肺サルコイドーシス:感染症によく似た病巣を肺につくる病気
肺リンパ脈管筋腫症:気管支やリンパ節の筋肉が異常に増えて肺にたくさんの穴があく若い女性に多い病気
アイゼンメンジャー症候群:先天性心疾患があり、肺の血圧が高くなって肺に血液が流れにくくなる病気
その他の間質性肺炎:特発性肺線維症以外で肺が硬くなる病気
閉塞性細気管支炎:細い気管支が狭くなり塞がる病気
肺好酸球性肉芽腫症:喫煙歴のある若い男性に多い、肺に穴があいていく病気
びまん性汎細気管支炎:細い気管支に広く慢性の炎症が起こる病気
慢性血栓塞栓性肺高血圧症:血の塊(血栓)が肺の血管に詰まって血液が流れにくくなり肺の血圧が高くなる病気
多発性肺動静脈瘻:動静脈瘻という肺血管の先天的異常が多発する病気
α-1アンチトリプシン欠損型肺気腫:α-1アンチトリプシンという酵素が先天的に欠如するために肺気腫をきたす病気
嚢胞性線維症:欧米に多い遺伝性の疾患で、肺に慢性の感染がおこる病気
じん肺:粉じんを吸い込むことによって肺が硬くなる病気
その他、肺・心肺移植関連学会協議会で承認する進行性肺疾患

日本で脳死肺移植をうけるにはどのような手続きが必要?

脳死肺移植を受けるためには、日本臓器移植ネットワークへの登録が必要です。

膠原病とは

膠原病はひとつの病気の名前ではなく、いくつかの疾患をまとめた病気の総称です。
皮膚・筋肉・関節・血管・骨など、全身にあるコラーゲン(タンパク質)に慢性的な炎症がひろがる病気になります。

今回は膠原病(こうげんびょう)の合併症で肺胞壁に炎症を起こし、ガス交換ができにくくなる間質性肺炎からの肺移植です。

スポンサーリンク

Posted by 鈴音