人気記事

なんで医療業界が厳しくなってるのかわからん

医療関係での話



(出典 livedoor.blogimg.jp)



1 名無しさん@おーぷん :2017/11/12(日)19:19:03 ID:2fP

国が医療業界を虐めてるでおけ?

現状として、高齢者が増えて医療保険が国から
払えなくなってきた。だから、国がまず
病気にならないようにさせるために、
医療業界が売る薬や病院代をクッソ安くしろ!って法律を作って
国は自分の金とられなくて、安泰安泰
医療業界は、なんでワイらこんなに沢山薬売ってるのに
お金ゲットできないねん!ってイメージ?





2 名無しさん@おーぷん :2017/11/12(日)19:20:23 ID:Ssy

???


4 ■忍法帖【Lv=16,バブルスライム,tQv】 :2017/11/12(日)19:21:28 ID:2fP

要するに、今まで
国「サービスやで!ワイが病人の治療費払ってやるよ」
医療業界「有難うございます!これでわいらは、…

まってよくわからん


5 ■忍法帖【Lv=16,バブルスライム,tQv】 :2017/11/12(日)19:23:39 ID:2fP

とりあえず、国が
「病気になるな!!!」っていってるのはわかる
「運動しろ!」って言ってる

だから、医療業界は、「国さん!そんなこと言わないでください!薬売れないじゃないですか!」

国は「すまんな…病人増えると、わいのお財布から金出さなあかんねん…」


6 名無しさん@おーぷん :2017/11/12(日)19:25:32 ID:oqP

厳しくなっているの例をださないと…

たとえば医療費負担の改正とか


7 名無しさん@おーぷん :2017/11/12(日)19:25:39 ID:NLe

このイッチ説明クッソへたくそやな


8 名無しさん@おーぷん :2017/11/12(日)19:28:42 ID:pRh

言いたいことは分かるがもうちょっと頑張れ


9 名無しさん@おーぷん :2017/11/12(日)19:28:57 ID:yvY

医療の単価を下げると、国の負担は減るけど医療従事者は儲からないってこと?


10 名無しさん@おーぷん :2017/11/12(日)19:31:39 ID:pRh

>>9
まあそんな感じ。それを進めるためにDPC(医療費包括払い)なんてシステムが出来た(従来は出来高制だったから無駄検査とか無駄な薬が多かったと国は指摘してる)


11 ■忍法帖【Lv=16,バブルスライム,tQv】 :2017/11/12(日)19:33:07 ID:2fP

>>9
そういうことなの?

医療業界「国さん…高齢者だらけになってきましたね!沢山薬買ってくださいよwwうぇいうぇい!」
国さん「すまんな…薬買うお金ないのや…だから、色々変えるで…まずは、薬は買わん!!安く売れ!!
というか、安く売らなければならない法律作ったから!!さらに、運動するように宣伝するで!!」
医療業界「えぇ…値段安くして沢山売らないといけないなら、私ら利益変わらんのに、忙しくなるだけですやん」


どう?


12 ■忍法帖【Lv=6,ゾーマ,dXt】 :2017/11/12(日)19:34:48 ID:tXI

薬たくさん出したからって病院の利益が増えるわけじゃないんよ


14 名無しさん@おーぷん :2017/11/12(日)19:37:15 ID:Ia8

医療費を削減させたいんだろうね


15 ■忍法帖【Lv=16,バブルスライム,tQv】 :2017/11/12(日)19:37:55 ID:2fP

国「理由は?元々わいらは、ボランティアや!利益は求めてない!人々の笑顔が見たいからや!だから、今まで薬を売ってた。だが、今はどうだ、人々は泣いている。お金がないから薬が買えないんだ。だから、君
ら医療業界には申し訳ないが、安く売ってもらう。君
らには、犠牲になってもらう。人々の笑顔が最優先なんだ。」

みたいな


16 ■忍法帖【Lv=16,バブルスライム,tQv】 :2017/11/12(日)19:39:44 ID:2fP

国さん「君ら医療業界の人らが、泣いてようが知らん!!医療業界の人ら1人救うより、人々100人救うのがわいらの仕事や!医療業界しね!」

ってこと?


17 名無しさん@おーぷん :2017/11/12(日)19:52:12 ID:NLe

医療業界「ほーん、国さんがそういうなら値下げも仕方ないやろか、ならもう辞めたろ!」

医療業界「自分を犠牲にして正義感だけで働ける医療バカだけでやってればええんや!他の皆は退職金と転職先早い者勝ちな!」


元医療従事者「安く医者にかかれて助かるわあ。クソ忙しそうやし辞めて正解やったね」




Posted by 鈴音